代表挨拶

株式会社マシスタの存在意義は従来の薬局・薬剤師のイメージを変える
「未来の薬局」を作ることにあります。


病院に行き目の前の薬局で薬をもらったら薬局に立ち寄る事がない。
それでは薬局が本当の意味で役に立っていると言えるのでしょうか?

地域の皆様が処方箋がなくても気軽に立ち寄り、
薬の相談・病気の予防・介護相談などを当たり前にできる。
「困ったことがあったらまずマシスタさんの薬局に相談してみよう」
そう言われるような薬局を作るため日々努力しています。


それには優秀な人材と多くのチャレンジが必要です。
人が生まれてから亡くなるまでの間、誰にでも健康に関する悩みがあるはずです。
その相談を受けられるよう幅広い知識を身につけること。
そして悩みを抱えている方に寄り添うことができること。
弊社はこれらを習得するための努力ができるスタッフしか採用しません。

またスタッフとは薬局が地域になくてはならない存在であるために
どうするべきかを定期的にディスカッションしています。
利益はあとから付いてくるもの。利益の有無にかかわらず
おもしろいと思ったことはチャレンジしていきます。


主役である「患者さん」と「ご家族」
医療で健康をサポートする「医師や看護師」
介護で生活の質をサポートする「ケアマネージャーや介護士」

これらの方々から頼りにされ、感謝される喜びを感じながら
働くことができる。そんな薬局を作ることが地域の皆様から愛される
『未来の薬局』作りの第一歩だと信じています。

株式会社マシスタ 代表取締役 石下 和之(いしおろし かずゆき)