代表挨拶

『コンビニより多い薬局の数を減らす』『薬代が高い院外薬局は税金の無駄遣い』
『棚から薬を出すだけの薬剤師は必要か』『薬学部の乱立により質の低下している』など、
薬局や薬剤師に対するネガティブな情報を数多く耳にします。

薬局が、薬剤師が他職種や地域社会から認められていないということでしょうし、
それに関しては20年近く薬局薬剤師をしている私自身も反省しなければなりません。

株式会社マシスタの存在意義は従来の薬局、
薬剤師のイメージを変える「未来の薬局」を作ることにあります。
経営者は調剤報酬改定があるとまず利益を確保するためにどうすればいいのか、
どうすれば点数が取れるのかを考えがちです。それが100%間違っているとは言えません。
しかし、利益というのは顧客から評価されればあとからついてくるものだと私は考えます。


私は「予防」「軽医療」「処方箋調剤」「在宅医療」とマシスタで働くスタッフには
幅広い専門知識を身につけて欲しいと思っていますし、
そのことに対して全面的にサポートします。

そして「患者さんやご家族」「医師や看護師、他の医療スタッフ」
「ケアマネやヘルパーなど介護スタッフ」これらの方々から頼りにされ、
感謝される喜びを感じながら働くことができる薬局を作るため、全力を尽くし、
そして私自身も進化し続けていきます。

株式会社マシスタ 代表取締役 石下 和之